下田重工業 ガンプラ制作室

私、下田重工業が制作したガンプラや、その制作過程を掲載します。当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

ストライクフリーダム Humming Bird

過去作の紹介記事になります。

GBWC2015に応募した作品の一つ『ストライクフリーダムHumming Bird』ですf:id:hirohiro-innovation:20180415100806j:plain

Humming Birdはガンダムセンチネルに登場する機体から持ってきています。その期待の特徴である、脚と肩に大型のブースターを備えているスタイルをストライクフリーダムで再現してみました。

 

f:id:hirohiro-innovation:20180415125427j:plain

f:id:hirohiro-innovation:20180415125437j:plain

f:id:hirohiro-innovation:20180415125451j:plain

f:id:hirohiro-innovation:20180415125503j:plain

f:id:hirohiro-innovation:20180415125520j:plain

使用キット

ベースキット:RGストライクフリーダム

サブ:HGUC Ex-S、HGUCフルアーマーユニコーン、RGストライクガンダム、ビルダーズパーツ(システムウエポン008・ウイング・レドーム

制作コンセプト

ガンプラバトルにチームとして参加することを念頭に、後方支援・遊撃を行う長距離戦闘担当という位置付けです。

Seedの機体を使ってセンチネルっぽい機体を作ってみるというアイデアで制作しましたが、今となって考えると、Ex-Sのパーツを使っているので面白みに欠ける結果になってますね。

とはいえ、GBECで結果を得ることを大前提にしていたため、バンダイの他キットやビルダーズパーツを、割とそのままの形状・用途で流用しています。これは、GBWCバンダイ主催の大会であることから、キットを否定するように切り刻む改造よりも、そのままの形・用途を活かした方が、審査員としても評価しやすいだろうと邪推した結果です(実際どうなのかは知りませんが、、)。

主な改造ポイント

  • 肩にEx-Sのブースターを接続、下肢をEx-Sのブースターに変更
  • 股関節を左右それぞれ3mm外側に延長することと、脚のブースターの末端側にパーツを追加し太く見せることでスタイルを調整
  • バックパックはタンク(HGUCフルアーマーユニコーン)・ウイング(ビルダーズパーツ)・ドラグーン(RGストライクフリーダム)・スタビライザー(HGUC Ex-S)を追加し、大きくシルエットを変えました。脚のブースター・タンク・ウイング・ドラグーン・スタビライザーがきれいに弧を描く配置しています

カラー

この作品からエアブラシを導入しました。缶スプレーに比べ、塗膜の薄い塗装ができるようになりました

  • 白:MSホワイト
  • 薄いグレー:Mr.Color No.334 バーリーグレー
  • 濃いグレー:Mr.Color No.13 ニュートラルグレー
  • 青みがかった黒:Mr.Color No.71 ミッドナイトブルー
  • フレーム:Mr.Color No.28 黒鉄色
  • 水色(胸部ダクト部):タミヤカラー ダークゴーストグレイ
  • フレーム:黒鉄色
  • 赤:ガンダムカラー MSレッド

 

 閲覧ありがとうございました。